作り置き&スピードおかず de おうちバル 〜yuu's stylish bar〜

レシピブログアワード2016【ふたり暮らし部門】&【簡単・時短部門】Wグランプリ受賞。 福岡県在住。WEBサイトでの連載や、雑誌、広告、企業のレシピ開発を手がけている。ご紹介するレシピのコンセプトは《簡単・時短・節約・男子が喜ぶモテレシピ》 《著書》 ・Yuu*'s スピードおうちバル(光文社) ・Yuu*のゆる⭐︎つくりおき(主婦と生活社)

Category : ♦︎海藻・乾物レシピ

▶︎レシピ検索はこちら◀︎ ※検索方法はこちらをご参照くださいませ。 切り干し大根と秋の味覚”エリンギ”を使った超簡単なおつまみ系副菜。 切り干し大根は水戻し不要なので旨味も栄養も満点。これに、焼いて旨味が増したエリンギを加えればもう、やめられない!止ま

▶︎レシピ検索はこちら◀︎ ※検索方法はこちらをご参照くださいませ。 野菜高騰時の救世主!切り干し大根とひじきを使ったやみつき確定の梅だれサラダ。また、切り干し大根は水戻ししないので栄養も旨味も歯ごたえもマシマシ♪見た目は地味だけどボウルごと抱えて食べた

▶︎レシピ検索はこちら◀︎ ※検索方法はこちらをご参照くださいませ。 野菜高騰時はコレ!切り干し大根を使ったビールが止まらぬ、やみつき副菜。事前に水戻ししないので栄養も食感も残ったまま♪また、塩昆布とツナのうまみを吸った切り干し大根は無限に食べれてしまう

▶︎レシピ検索はこちら◀︎ ※検索方法はこちらをご参照くださいませ。 茹で戻し不要!ついでにレンジも不要!お湯をかけて調味料で和えるだけで完成の旨味たっぷりのはるさめサラダ。 はるさめは、固さを残した方があとで加える調味料をグングン吸い込むので味ボケしな

▶︎レシピ検索はこちら◀︎ ※検索方法はこちらをご参照くださいませ。 ビールにピッタリなお野菜たっぷり”やみつき”春雨サラダ♪こちら、包丁いらずでできるので初心者さんやズボラさんにとってもオススメ!!しかも、はるさめよりお野菜や海藻がたっぷりでめちゃめち

▶︎レシピ検索はこちら◀︎ ※検索方法はこちらをご参照くださいませ。 はるさめを使った旨みたっぷりのやみつきサラダ♪ 2つのポイント守ることで水っぽくならずまた、見た目も綺麗に仕上がりますよー♡また、ツナと塩昆布という旨みたっぷりの最強コンビで和えるので間

▶︎初めましての方はこちらをクリック◀︎切り干し大根を使った旨味も栄養も満点のスピード副菜♪下ごしらえした材料をマヨポンで和えるだけなのでバタバタ忙しい日にも最適です♡煮物とは違うコリコリ&ポリポリ食感をぜひ、お試しください( ´艸`) レシピブログに参加し

▶︎初めましての方はこちらをクリック◀︎おはようございます♪ブログへ来てくださり本当にありがとうございます!!さて、早速ですが本日のレシピブログさんの連載では夏野菜の"ピーマン"とツルッとのどごし抜群の"はるさめ"を使ったかんたんな中華風メインをご紹介させて

▶︎初めましての方はこちらをクリック◀︎ もう、水っぽくなったり味が薄くなったりという心配は無用です!レンジ&ワンボウルしかも、春雨の別茹で不要ととってもお手軽なのにしっかり味がしみたお惣菜屋さんの春雨サラダが自宅で簡単に再現でき

▶︎初めましての方はこちらをクリック◀︎食欲がないときにオススメ!ツルッと喉ごし抜群の春雨スープのご紹介です♪こちら、相性のいい豚バラとレタスが入った栄養満点な具沢山スープ。味付けは、鶏ガラスープの素とごま油がベースの塩スープ。あっさりしているけどやみつ

春雨を炒めた韓国料理”チャプチェ”をレンジ&ワンボウルでラクラク仕上げます♪春雨は、野菜から出る水分で戻すので事前の水戻しは不要。そして、味付けには焼肉のタレを使うので初心者さんも失敗がありません! レシピブログに参加しています♩ポチッと応援よろしくお願

▶︎初めましての方はこちらをクリック◀︎今日のレシピブログさんの連載では夏に嬉しい麻婆春雨のご紹介です♪暑くなってくるとピリッと辛いものやツルッとのど越しのいいものが恋しくなりますよね!そこで、オススメなのがこちらの麻婆春雨。作り方は、とっても簡単で耐熱

切り干し大根を使ったアレンジレシピをお探しの方。必見です!!切り干し大根の事前戻し不要!うまみたっぷりのやみつき副菜を『Nosh』さんのサイトにてご紹介させていただいております。レシピブログに参加しています♩ポチッと応援よろしくお願い致します。▼▼▼ おはよ

ブログへ来て下さってありがとうございます♡ポチッと押して頂けると喜びます♡  新刊です。Amazon、楽天、書店で買えます。レシピ本の詳しい内容や私の思いなどをコチラに書かせて頂いています。  目次 (文字クリックで目的の箇所へジャンプします)1.材料2.作り方3.M

↑このページのトップへ